家出や神待ちサイトとは

これまで、インターネットの中では出会い系サイトというものが大きな存在でもありましったよね。
しかし、最近では家出サイトや神待ちサイトという言葉を見かけることが増えてきているのではないかと思います。
これは、もともとはこういった商業用のサイトが存在していたというわけではありません。
もともと神待ちサイトができるようになったのは、高校生をはじめとした若い人が使うためのサイトになっていたのです。
中学生や高校生のほとんどが使っているというような、家出のための携帯のコミュニティがあるといわれています。
そのコミュニティの掲示板のなかに、家出というスレッドが立ったということが最初のきっかけのようですね。
この内容は、親とけんかをして家出をしてしまっても、行くところがなくて困っているという人が使うものになっていました。
それに対して多くのレスがつくようになり、実際に出会うことになった例もあるのではないでしょうか。
そこから、食事と泊まるところを提供するという出会いの形が普通になっていったのではないかと思います。
この家出をした人を助けてくれた人が、その中では神といわれるようになって、そこからはじまったといえるでしょう。
同じようにそれからも家出をした人の相談が続くようになって、そこで宿泊先と食事を提供する人が増えてきたということです。
神様待っています、という書き込みが増えるようになってきたのもこれがきっかけになるのでしょう。
最初は同年代同士で助け合うということが普通だったようですが、今では大人がそこに参入してきているのですね。
大人の会員がここに目をつけるようになって、その家出をした女性と出会うということになっていったのでしょう。
それが携帯サイトへと広がっていき、神待ちサイトというものが生まれることにつながったのではないでしょうか。
神待ちサイトというところでは、出会い系サイトが規制された現在でも出会うことができるようになっているということですね。
本当の家出をしている女性ではない人も混じっている可能性もあるかもしれませんが、出会いのチャンスはあるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です