神待ちなどの隠語について

出会い系サイトを使うときには、そこで見慣れない言葉が使われていることを見る場合もあるのではないでしょうか。
出会い系サイトの中で出会いをするときに、こういった隠語が使われるということは普通にあるものです。
例えばJKやホ別、といった言葉もこういった出会い系サイトから生まれてきたものになりますね。
そして、最近話題になってきている神待ちというものも、ここから生まれてきたものなのです。
出会い系サイトには禁止ワードが設定されていて、援助交際などの犯罪に関わる出会いを防止しているものです。
そして、その禁止ワードを回避するために、こういった隠語が生まれてくることになるのですね。
ここでは、そういった出会い系サイトの隠語について説明をしてみたいと思います。
出会い系サイトをうまく使ってみたいと思っているのであれば、これを参考にしてみてください。
例えば、最近話題になってきている神待ちというのはどのような出会いになるのでしょうか。
あるテレビ番組で紹介されるようになってから、神待ちというのは一気に広まることになりましたよね。
神待ちということで神様を待っているのですが、ここでいわれる神様というのは自分を助けてくれる人、ということになります。
困っている女性が助けてくれる男性のことを神様と呼ぶようになったのが、このはじまりといわれています。
神待ちサイトという神待ちをするための出会い系サイトもありますが、ここではサクラも多いので注意をしましょう。
あからさまなサイトを使っていくよりも、信頼できる出会い系サイトを使ったほうがいいかもしれません。
出会い系サイトでは円光やホ別といった言葉を見ることもありますが、これはすべて援助交際についてのものです。
出会い系サイトについての見慣れない言葉は、援助交際をするために生まれてきたものが大半といってもいいでしょう。
神待ちという言葉も、それに近いものがあるのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です